講師紹介


 

kato005加藤 和彦 (ウニアトリエ代表)

1968年 新潟生まれ
多摩美術大学卒業後、美大受験予備校・絵画教室講師、美術系高校デザイン科CG講師。企業HPの構築・管理。公共職業訓練Webクリエイター科デザイン理論/実習(Illustrator/Photoshop)授業担当。
2017年新潟市に絵画教室ウニアトリエを開設。誰でも自宅で学べるオンライン絵画教室など順次展開中。黒部市国際文化センターコラーレ能舞台鏡板(松・竹)。個展での作品発表、古典的岩絵具とアクリル樹脂の融合による表現を追求。
・中学校教諭第一種美術科免許
・高等学校教諭第一種美術科・工芸科免許
・Googleストリートビュー認定フォトグラファー
・JAPAN MENSA会員
最近の趣味:珈琲・ヨット・カヌー

スケッチ・クロッキー・タブロー・絵画作品はこちら。

works2014

works2014

もとをただせば…
私はものごころついた頃から毎日折込み広告の裏に落書きをして過ごしました。一本の線から紡ぎ出される摩訶不思議な架空の世界、塗った色の圧倒的な鮮やかさに魅了されました。多くの子供たちのように、私は外へ出て友人たちと泥まみれになって遊びましたが、家の中では粘土をこねていろいろな動物や人を作り出しました。
16歳で私は油絵に興味を持ち、身近な静物や人物、風景など、何枚かの絵を描き、時には展覧会に出品しました。私は若い時に心の不自由さに気づき、表現することの自由を学んだと感じています。大学卒業後に私は基礎デッサンと油絵・水彩について教えはじめ、芸大・美大を目指す受験生と社会人の絵画教室の授業を担当しました。教室で費やした多くの時間は私に、自身が学ぶこと以上に相手に伝えることの難しさと楽しさを教えてくれました。


 

水本伸樹水本 伸樹 (担当:水曜・日曜・オンラインライブ)

1986年 広島生まれ
東京造形大学・東京造形大学大学院で絵画と版画を学んだのち、デザインの仕事やテレビ局での仕事に身を置きながら美術作家としての活動をおこなう。東京六本木のギャラリーに所属し、東京や横浜京都をはじめとしてアメリカ、イギリス、香港、シンガポール、フィンランドなどで個展やグループ展をおこなう。
趣味:以前ジャズバンドでベースを弾いていました。最近は子供の頃熱中していた釣りへの興味が再燃しています。facebook
・Googleストリートビュー認定フォトグラファー

こんな絵を描いています

Maroon Skirt

2014
oil painting

絵を描くということは、少なくとも人類が6万年以上昔からおこなっている至極単純で原始的な行為です。のめりこめばのめりこむほど奥が深く色々な喜びや楽しさ、そしてかけがえのない体験を連れてきてくれます。海外の展覧会に参加したとき、たとえ言葉がほとんど通じない相手だったとしても、その場にお互いの描いた作品があるだけで相手がどんな性格の人なのか、どんなものが好きで何を大切にする人なのかがありありと伝わってきます。またそこには共感しあえる感覚が確かに存在していて、お互いを認めあい自然と心を許しあえる。そんなことが何度もありました。
地球の裏側で全く違う生活をしているひとたちも、美しいものに感動する、格好良いものに身ぶるいする。そういった芸術に対する感覚はおなじなのだと実感する感動的なできごとでした。そしていま、このウニアトリエでもそんな感動的な出会いとできごとが沢山詰まっていると実感する毎日です。
皆さんもアトリエの仲間たちと絵を観ること、描くことの楽しさを共有してみませんか。きっとかけがえのない感動が待っているはずです。


 

坪井 久恵 (担当:オンライン添削)

1990年 神奈川生まれ
武蔵野美術大学大学院で版画と絵画を学び「詩」と「絵」を壁に直接描く。その後キャンバス作品とドローイングを組み合わせたインスタレーションを主に制作。
最近の趣味:手紙を書くこと・万年筆・インク・レターセット・切手収集

こんな制作をしています

のみこめ

みたもの・きいたもの・さわったもの・かいだもの・あじわったもの・かんじたこと、それらを自分というミキサーで混ぜて、作り上げたものを感じて改めて自分を知る。
同じように自分以外の人のつくったものを感じてまた自分を、そして他者のことを知っていく。それが”つくる”ということの醍醐味だと思います。
制作は孤独な作業というイメージがありますが、私は作品を通してなら深くコミュニケーションがとれる事もあると考えます。
作品を通じて”あなたの世界”をたくさん見せてください!


 

田中 顕次郎 (担当:水曜オンラインライブ)

1970年 茅ヶ崎生まれ
東京藝術大学芸術学部絵画科日本画専攻卒
南米の悲しい歴史の産物、気の毒なデザインのカホンの研究。 古代少なからず文化の交流に使われたとされる人力、風力、船の研究と再デザイン活動中。趣味:サーフィン・シーカヤック
茅ヶ崎カホン YT17セーリング・カヤック

こんな制作をしています

チガサキ

チガサキ

祭りの中で私は、人と感覚、感情を共有している気がします。太鼓や三味線の演奏が感覚や感情を心に生のまま伝えます。北斎の浮世絵は今も当時と変わらぬ波や風、富士山の姿を通して 昔の日本人の感覚、感情を生のまま伝えています。落語の古い作品の中にはキツネやタヌキ、自然界と人間との感覚、感情の交流を描いたものも多いです。日本にとって 美術、芸術とは感覚、感情を言語化・論理化せずに 生のまま、そのまま伝え受け取ること。正しいか間違いかで分けられない内容を。時にはそれは時代を超えて。
茅ヶ崎カホン」は元はペルーの太鼓 cajon=カホンで、感覚・感情の発信機です。私の造るYT17・セーリング・カヤックは、風や波を通して自然界からの何かを受け取りたい時のその受信機です。私は日本画に於ける日本人らしい香りのする技を受け取り、使い、伝え、引き継いでいます。
浮世絵師達からの生の気持ちを受け取っても彼らに返信することは出来ませんが、後の世にリレーすることなら出来ます。


 

松隈 無憂樹 (担当:オンライン添削)

1985年 東京生まれ北海道育ち
東京造形大学で油絵・水彩画をはじめ様々な技法を学ぶ。卒業後は粘土彫刻やジュエリーなどの作品発表をスタート。拠点の東京はもちろん全国各地のギャラリーで作品発表を重ねる。大の映画・音楽好きで、自身が企画したグループ展などでは手に汗握りながらDJをすることもあります。ホームページ

こんな制作をしています。

Anja

物心つく前から創作に没頭する子供で、友達と散々外遊びをした後さらに家でお絵描きを何時間もするような幼少期を過ごす。私にとって作ることは、外でいろんな人と会話するのと同じように自分自身と会話をするような、自分の内側の世界を探検するようなものでした。昔から身の回りの様々な材料がいろんな姿に変わることが楽しくて仕方なく、その探求の終わりはまだまだ先のようです。
添削講師を務めさせていただいていますが、心の底では生徒の皆様を同じ創作仲間と感じています。最初の一歩も、その先も、表現の喜びを一緒に感じてゆきましょう!


 

辻元 百合子 (担当:土曜クラス)

1990年 新潟生まれ
武蔵野美術大学修士課程造形研究科修了。油絵、ペン画、フィルムアニメーション(活動写真)の手法を用いて制作活動中。並行して2013年より子ども絵画造形教室で美術を教える。第19回 岡本太郎現代芸術賞入選。
趣味:サウナ・読書・アコースティックギター練習中。

こんな制作をしています

さまざまな素材を使い変容させる事で、自分で想像した世界をこの世に出現させることが出来ます。また、素材やモノから何かを想起させられることもあります。絵を描くこと、モノを造ることはこのような「モノとの対話」だと感じます。そのやり取りは人によって様々です。例えば油絵という素材を使ってリンゴというイメージを描いても表現方法がひとつではない事が、過去の先人達の絵を見ると分かります。
また、アトリエで他の人のキャンバスを覗くと、自分との違いに驚きます。絵を描くことは一人作業の様ですが、人と作品と見比べることで自身の個性を発見出来ますし、同時に共通点を発見する事で絵の普遍性を実感し勇気づけられることもあります。
是非、私たちと一緒にアトリエで絵を描く時間を共有いたしましょう。


 

仲 博美 (担当:うにキッズ土曜クラス)

1974年 愛媛生まれ
武蔵野美術大学日本画学科卒。2011年より新潟在住。高等特別支援学校で放課後アートクラブの指導をするかたわら絵画教室の補助を行う。現在、保育専門学校非常勤講師、こども園幼児部のアトリエ活動講師、福祉施設で造形活動指導を行なっている。その他、個展・グループ展多数。
・特定非営利活動法人子どもARTプラットフォーム「レッジョ・エミリア・アプローチ」講座修了
・学芸員資格
最近の趣味:新潟の雲と空の観察、散歩

こんな絵を描いています

絵を描いたり、イメージしたものを作ったりしてる時の子ども達は、生き生きとしています。まるで自分自身が絵の具になったように全身で色遊びを楽しんだり、ぼんやりしていたかと思うと、突然線や形を描き始める子がいたり。思いついた!からずーと手を動かしながら鼻歌が止まらない子もいます。子ども達は自身の興味や発見を表現することが大好き。世界をよく見て、感じ、考えているようです。
教えられたことは簡単に忘れるのに、自分の五感を使って取り組んだ経験はずっと記憶に残っていませんか?
その時々の感性を表現に変えることができたら、周りと共有することができたらどうでしょう。表現への共感や違和感は自己肯定感や他者理解を自然とはぐくみます。子どもの頃のそんな経験が、不安定な社会の中でも自分の考えを模索しつつ、未来を創りだす力になるのかもしれません。そんなふうに思いながら子ども達の表現に日々接しています。


 

二階堂 江里 (うにキッズ幼児クラス・アシスタント)

1982年 萩生まれ
岡山大学大学院保健学研究科看護学専攻健康推進看護学領域修了。
名古屋の教育関連企業で営業、幼児から中学生向けの個別指導塾の講師を務める。2011年より新潟のこども園で保育スタッフとして働き始める。趣味 アウトドア、ガーデニング、お菓子作り
・保育士資格

子どもの頃から飽きもせずに続けていることの一つ「お絵描き!」
保育士という仕事柄か絵を描く機会は普通の人よりも多い方で、そのせいか絵を描き始めると次は別の方法で描いてみたらどうだろう?いや、次は・・・と飽きずに絵の探求をしてきました。ウニアトリエに関わることになった理由も、もっともっと自然や子ども達の姿を自分の思い描いた様に表現したいと思ったから。子ども時代に「空想した世界」を紙と鉛筆で創り出す楽しさを感じてからこれまでずっと、ワクワクする気持ちって変わらないんですね。
うに☆キッズのアシスタントとして、私も子ども達と同じ目線で空想に浸ったり、ワクワクした気持ちで一緒に夢中になりたいと思っています♫

投稿日:2016年11月23日 更新日:

執筆者:

感染症対策

● アトリエの雰囲気を感じる↓
アトリエ体験レッスン
体験レッスンはこちら

● アトリエ見学は家にいながら!googleストリートビュー

● レッスン予約と休講の確認↓
授業日カレンダー

スマホを横向きにしてみて!


● 時々更新「YouTube動画」
Youtubeはこちら

LINE公式アカウントで気軽に問い合わせ!
友だち追加

● 授業風景と生徒作品はインスタをチェック!
uniatelier.ngt

● 最新情報は公式facebook!
ウニアトリエ公式facebookページはこちら

● 私は無口なのであまりつぶやきませんけど…
ツイッターはじめましたtwitter

➡パンフレット 表面 裏面
サイトマップ
リンク

カテゴリー

アーカイブ

ウニアトリエ
〒950-0982 新潟市中央区堀之内南3-4-10
TEL : 025-384-4562
月 13:30-21:00
火・祝 定休日
水 10:00-21:00
木 10:00-16:30
金 13:30-21:00
土 10:00-16:30
日 10:00-16:30
(お昼休み 12:45-13:45)