講師紹介


 

kato005加藤和彦

uniatelier (ウニアトリエ) 代表。1968年 新潟生まれ
多摩美術大学卒業後、芸大・美大受験予備校・社会人絵画教室講師、美術系高校デザイン科CG講師。そのほか企業ホームページの制作・管理に従事。公共職業訓練Webクリエイター科デザイン理論/実習(Illustrator/Photoshop)授業を担当。
2017年、社会人に特化したおとなの絵画教室【ウニアトリエ】を開設。誰でも自宅で学べるオンライン絵画教室など順次展開中。代表作は黒部市国際文化センターコラーレ能舞台鏡板(松・竹)。個展での作品発表、古典的岩絵具とアクリル樹脂の融合による表現を追求。Webクリエイターエキスパート認定 JAPAN MENSA会員
最近の趣味:珈琲・サイクリング・釣り

作品はこちら

works2014

works2014

もとをただせば…
私はものごころついた頃から毎日折込み広告の裏に落書きをして過ごしました。一本の線から紡ぎ出される摩訶不思議な架空の世界、塗った色の圧倒的な鮮やかさに魅了されました。多くの子供たちのように、私は外へ出て友人たちと泥まみれになって遊びましたが、家の中では粘土をこねていろいろな動物や人を作り出しました。
16歳で私は油絵に興味を持ち、身近な静物や人物、風景など、何枚かの絵を描き、時には展覧会に出品しました。私は若い時に心の不自由さに気づき、表現することの自由を学んだと感じています。大学卒業後に私は基礎デッサンと油絵・水彩について教えはじめ、芸大・美大を目指す受験生と社会人の絵画教室の授業を担当しました。教室で費やした多くの時間は私に、自身が学ぶこと以上に相手に伝えることの難しさと楽しさを教えてくれました。


 

nakamura仲村(佐藤)智子

武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
日動画廊「昭和会展」、「新制作展」他、公募展・グループ展・個展などで発表。
1985年 新潟生まれ
趣味:ガーデニング・読書・映画鑑賞

作品はこちら

椿姫-マーガレットの咲く庭-

子供の頃の楽しみは空想にふけること…
私にとっての絵は、描くことでそれが現実のものになる大切な方法でした。「感じるちから」は人の心にとってなくてはならない大切なものだと思います。印象派との出会いが私にそれを教えてくれました。もし今何かしたいけれど、何をしたらよいか迷っている人がいたら、一緒に美術や音楽についてともに語り合ってみませんか。自分の心が動いたこと、感動したこと、消化できない悲しみや苦しみも、自分の心を表現する行為が「絵を描くこと」だと思います。歌を歌うように、文章を書くように、絵を描くこともきっと心の開放につながると思います。人生が少し豊かになるようなそんなお手伝いができればと思っています。

投稿日:2016年11月23日 更新日:

執筆者:

休講・休校日の確認はこちら
授業日カレンダー

Instagramはじめました! 下のボタンからフォローしてみてください。
uniatelier.ngt

LINE@お得な情報が定期的に届きます。友だち追加は下のリンクから♪
友だち追加

アトリエの最新情報は公式facebookページをチェック!
ウニアトリエ公式facebookページはこちら

アトリエの雰囲気や指導法など授業を体験してみたい方は↓
体験レッスンはこちら

ツイッターはじめました!

➡パンフレット 表面 裏面
無料会員登録はこちら
デッサン初心者の質問掲示板
サイトマップ
リンク

カテゴリー

ウニアトリエ
〒950-0982 新潟市中央区堀之内南3-4-10
TEL : 025-384-4562
月曜・水曜-金曜 10:00-21:00
土曜・日曜 10:00-16:30
(お昼休 12:45-13:45)
火曜・祝日 定休